よくある質問


どのくらいの量の文章が書けますか?

タイトルや合い言葉は「200文字」です。
本文は「とてもたくさん」です。
少なくとも「下書き」としては十分な量のはずです。
目次へ


タグは使えますか?

使えません。
書いたとしても、タグの文字がそのまま表示されます。
目次へ


本文をコピーしたいです。

編集フォームで「CTRL+A」->「CTRL+C」->どこかのエディタで「CTRL+V」
「全て選択」「コピー」「貼り付け」等でもかまいません。
目次へ


本文をバックアップしたいです。

編集フォームで「CTRL+A」->「CTRL+C」->どこかのエディタで「CTRL+V」
「全て選択」「コピー」「貼り付け」等でもかまいません。
目次へ


「合い言葉」とはなんですか? 「パスワード」ではないのですか?

「紙片」では「パスワード」という言葉をあえて使っていません。
「合い言葉」で統一しています。

あなたは任意の「言葉」(もちろん、日本語でかまいません)で、
紙片に合い言葉を設定することができます。

編集用の合い言葉は暗号化されていますが、
公開用の合い言葉はそのまま、暗号化せずに保存されています。
他のWebサイトで使っている「言葉」を使うことはお勧めしません。

他のサイトでは英数字や記号を使っているはずですから、
「紙片」の合い言葉を日本語にしてしまえば、
他のサイトと同じ、ということはほぼないはずです。
目次へ


合い言葉を暗号化しないで保存するのは危ないのでは?

そもそも、「紙片」は「厳密に管理すべき文章」を書く場所ではありません。
「最悪、見られてもかまわない下書き」を書く場所です。
そういった文章は、もっと適切な場所で書きましょう。
目次へ


メールを自動で送信し、誰かにURLや合い言葉を伝える機能はありませんか?

そういった機能は存在しません。
理由は二つあります。

一つ目、「紙片」は「シンプルに書く/読む」ことを最優先にしています。
あなたが書いた文章をどう取り扱うかは、
全てあなた自身にお任せしています。

二つ目、「紙片」では「アカウント」のような、
「誰かを特定するための情報」を、一切保持しないことにしています。
「メールアドレス」ももちろんこれに含まれます。
目次へ


Twitterで読むためのURLと合い言葉を公開してもいいですか?

どうしても「下書き」を不特定多数に読まれたい、というのであればかまいませんが、
「もっと簡単でしっかりしたした仕組み」は他にたくさんあります。
「紙片」は「下書きをひっそりと共有する仕組み」です。
目次へ


書くためのURLと合い言葉を他の人と共有してもいいですか?

ダメだとはいいませんが、おすすめできません。

テキストファイルを二箇所で開いている状態を想像してみてください。
それぞれが「保存」しようとすると、最後に「保存」した文章しか残らなくなります。

「両方を結合した文章を保存したい」というのであれば、
もっと適切な仕組みが他にあるはずです。
この「紙片」を使うべきではありません。

ただ、前の文章が消えてもいい、というのを前提に、
お互いにルールを決めて、秘密の情報をやり取りしたりとか、
交換日記的な使い方はできるかもしれません。
目次へ


紙片はいつ削除されますか?

あなたが何らかの編集を続けている限り、紙片は削除されません。
あなたが編集をしないまま放置していると、一定期間後に削除されます。
(現時点ではだいたい2週間程度)

ただし、あくまで「編集を続けている限り」であって、
「読まれている限り」ではありません。

たとえ公開用の合い言葉を設定し、誰かに読んでもらっていたとしても、
「編集」をしなければ、一定期間後に紙片は削除されます。

「紙片」は「下書きを共有する仕組み」ですので、
残すべき文章はどこかのファイル・Webサービスにバックアップしてください。
その上で、必要であれば新しく紙片を作成し、再共有してください。
目次へ


違うブラウザでも「自分が書いた紙片」の一覧が見たいです

「ヘルプ」->「基本的な使い方」->「書きためた紙片を別のブラウザでも編集したいとき」
目次へ


以前使っていたURLが他の紙片に使われていますが、なぜですか?

あなたが編集していた紙片のURLは、削除された後、
他の紙片に再利用される可能性があります。
そういった意味でも、「公開する文章」を書くのには向きません。

なお、再利用されるのは「削除された後」なので、
あなたが編集している限り、そのURLが他の人に使われることはありません。
目次へ


アクセス履歴は管理していますか?

「紙片」という仕組みの中では記録していません。
Webサーバというレベルであれば、あなたのIPについて記録されています。

ただし、これはWebサイトであればどこでも同じです。
WebでIPアドレスを完全に隠したままどこかを見るというのは不可能です。

また、紙片では利用者の統計を取るため、
TOPページに限り、Googleの解析コードを埋め込んでいます。
個々の紙片のページへのアクセスはGoogleに伝達されません。

どちらにせよ、「紙片」を管理する「私」が、
「あなた」を特定できるレベルの情報は保持していません
(あなたがあえて自分の詳細を書かない限りは)
目次へ


管理者の方に連絡を取りたいです

「紙片」の管理者は私、「ぱろっと」になります。
Twitter : @parrot_studio
目次へ